紫外線は肌トラブルを起こす最大の敵

Posted on 12月 9, 2015 by

 

日本の南に位置する沖縄のような紫外線の強い市域の方々や、農業や漁業などをはじめ、外で仕事する時間の多い方々は、紫外線を浴びる機会が多いため、寒い市域や室内で作業をしている方々に比べて、シミやシワが多くできてしまい、女性にとっては大きな悩みとなっています。

そんな紫外線は、シミやシワ、たるみ、その他にさまざまな肌のトラブルを招くとこになりますが、どうしてなのでしょうか。

よく紫外線のことを「UV」と呼ばれていますが「ウルトラ バイオレット レイ」の略になります。

この紫外線は波長の長がさによって、A波、B波、C波の3つに分けられ、A波は紫外線全体の約95%を占め、エネルギーが弱いものの雲や窓ガラスを通過して肌内部の真皮まで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊してシワやたるみを作る原因になります。

B波は、紫外線全体のわずか5%ほどしかありませんが、エネルギーが強くて日焼けの後は、肌を赤くヒリヒリにさせる状態を起こし、肌内部の表皮ではメラニン色素を過剰に作りシミを引き起こします。

3つの紫外線のうち、C波のエネルギーが最も強いのですが、オゾン層で吸収されてしまうので地上には届きません。

しかし、近年、環境破壊が進み、オゾン層も破壊されるのではと言われていますが、もし、C波が地上に届き、肌に浴びてしまうと直ぐに火傷をしてしまうほどの危険な紫外線です。

A波が真皮の中で肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチを劣化させてしまうと、古いゴムのように弾力性を失ってシワやたるみとして現れます。

そして、通常、肌は紫外線を浴びると、肌を守ろうとしてメラニン色素が作られますが、その後、正常にターンオーバーが繰り返されれば、これと言った問題はなく垢として排泄されますが、繰り返しB波を多量に浴びてしまうとメラニン色素が過剰に作られ、ターンオーバーでは排泄しきれなくなってシミとして残るようになります。

このように、紫外線は肌老化を促進させる最大の敵となりますが、昨日や2、3日前に浴びた紫外線が直ぐにシミやシワとして現れるわけではありません。

毎日、少しづつ浴び続けた紫外線の量が積み重なって、数ヵ月後、あるいは数年後、あるレベルに達したときに肌のトラブルとして現れます。

ですので、普段からしっかりと紫外線対策することが必要です。

また、紫外線は春から夏の季節が最も強くなりますが、冬の間も一年中降り注いでいます。

外出するときは、必ず日焼け止めを塗り、さらに、帽子をかぶったり、日傘を使うなど、年間を通しての対策が大切です。

 

 

 

アンチエイジングに効果的な化粧品は・・・

Posted on 6月 29, 2015 by

肌が乾燥した時のお肌のお手入れは、とても大切になります。

特に、40歳を過ぎて肌の衰えを感じ、アンチエイジングを意識している女性は、乾燥を防ぐスキンケアをしっかりと行いましょう。

ですが、その前に、洗い過ぎには注意が必要です。

スキンケアの基本として洗顔はとても大切ですが、肌の皮脂や汚れが気になるからといって、1日に何回も何回も洗顔してしまうと逆に肌が乾燥してしまいます。

まずは、正しい洗顔法を身につけることが必要ですが、基本的に洗顔は、朝と夜の2回で十分です。

そして、洗顔後は、乾燥肌にならないように潤いを与え、しっかりと保湿して下さい。

肌が乾燥すると、どうしても見た目年齢が高くなり、老化した印象を与えてしまいます。

アンチエイジングは、乾燥肌防止からと言っても過言ではありません。

人の肌は、表面から順番に、表皮、真皮、皮下組織という3段構造からなり、その中の表皮には角質層という部分が存在しています。

この角質層は、わずか0.02mmの薄い膜ですが、角質細胞がレンガ状に約20層積み重ねられ、それをつなぎ留めているのが、セラミドなどの角質細胞間脂質です。

いろいろな化粧品を使う女性なら、誰でも一度は「セラミド」という名前を聞いたことがあると思いますが、このセラミドは、角質層の中で水分が蒸発しないように維持する働きをして、乾燥から肌を守っています。

また、外部から紫外線や異物が肌内部に入り込まないようにブロックするバリヤ機能もつくっています。

乾燥を防ぎ、潤いのある美肌を保つには、このセラミドが必要不可欠になります。

http://nikibijya.sblo.jp/

しかし、40歳を過ぎた頃から、角質層に存在するセラミドは徐々に減少して水分を維持できなくなり、肌は乾燥ぎみになってシワも目立つようになってしまいます。

アンチエイジングのスキンケアを意識した時は、失われたセラミドをしっかりと補うことを考えましょう。

現在、保湿のための美容液などには、セラミドを含んだものが多く販売されていますが、その他に保湿効果が高いとされている美容成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチンなどがあります。

これらの美容成分をたっぷりと含んだ化粧品で、しっかりと保湿して乾燥から肌を守りましょう。

 

 

確実に痩せるためには・・・

Posted on 4月 15, 2015 by

痩せよう!と頑張ってダイエットを実行していると自分自身に厳しい食事制限を立ててしまう人もいますが、食事を取らないなどの無理な減量は絶対に辞めるべきです。

食事量をコントロールする必要はありますが、胃がカラになってしまったら無茶をせずに食べるようにしましょう。

その時は、低カロリーの物を食べるようにすれば問題ありません。

少し食べたからといって、急に体重が増えてしまうものでもありません。

ダイエットを頑張るなら、とにかく筋肉を増やして基礎代謝を向上させることが大切です。

しかし、食事制限だけによるダイエット法は、筋肉量も減少させて基礎代謝量も低下して、リバウンドしやすく太りやすい体に変わってしまいます。

ですが、ジョギングなどの有酸素運動だけというのも、筋肉量を減少させてしまう恐れがあります。

確かに、有酸素運動は、体脂肪燃焼する効果がありますが、同時に筋肉も多少燃焼されてしまいます。

ようするに、どれか一つだけの方法で痩せようとするのは難しいということです。

http://nagishibu.biz/

最も効果的なダイエット法は、毎日、決まった量の食事、それに栄養バランスのよい食事が摂れるように、しっかりと食事コントロールすること。

次に、筋力トレーニングなどの無酸素運動を行い、筋肉を鍛えて基礎代謝量を高める。

そして、余分な体脂肪を燃焼するために、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を行う。

この「食事コントロール」「無酸素運動」「有酸素運動」を、3本柱として併行して行うことが必要です。

しかし、最初から無理をすると続かないので、自分が楽にできると思うペースで長期計画で行うことが大切で、特に、運動は激し過ぎると怪我にもつながりますので、十分に注意して下さい。

 

ニキビやシミを防ぐために・・・

Posted on 2月 16, 2015 by

ニキビができたら嫌だからと、通常の洗顔に加えて清潔に保つため、合成物質を含む強力な顔にも使えるボディソープを大量に塗り込む人もいますが、肌を清潔にしたとしてもニキビを治りにくくさせる要因の1つですから、絶対に実践しないように気を付けてください。

美白のための化粧品は、メラニンが染みつくことで皮膚にできたシミ、ニキビ痕やかなり濃いシミ、肝斑に使って欲しいです。

高度のレーザーで、肌が変異によって、皮膚が角化してしまったシミも消せると言われています。

意識せずに素っぴんになるための製品で化粧を取って化粧落としとしていると断言できそうですが、実は肌荒の最大のポイントがこれらの製品にあるのだそうです。

メイクを流すために、化粧落とし用オイルを買っていませんか?

皮膚にとっては必要である良い油も落とそうとすると、現段階より毛穴は拡大しすぎてしまうことになって厄介です。

潤いを謳った入浴粉が、乾燥肌に見舞われている人に効くとされている物品です。

顔に潤い成分を吸収させることで、入浴した後も皮膚の潤い成分を減退させづらくします。

 

洗顔で取り残しのないように肌の健康を阻害する成分を排除することが、標準的な手法とされますが、邪魔な汚れと同時に、補給し続けるべき「皮脂」までも徹底的に取り切ってしまうことが、顔の皮膚が「パサ」つくきっかけと考えられています。

肌のスキンケアの最終段階で、油分の薄い覆いを作成することができなければ乾燥肌になってしまいます。

肌を柔軟にコントロールするのは油であるので、化粧水と美容液しか使用しないのでは柔らかな皮膚はできあがりません。

いつものダブル洗顔と呼ばれるもので、顔の皮膚に問題を治癒したい方は、クレンジング製品を使った後の洗顔を繰り返すことを禁止しましょう。

時間はかかっても肌のキメが目に見えて美しくなって行くことになります。

多数の人が悩む乾燥肌のケースでは、入浴に長い時間を掛けるの適切ではありません。

当たり前ですが体をごしごしせずゆすいでいくことが求められます。

その他お風呂の後の肌の乾燥を嫌う人は、服を着たら次のステップで保湿コスメを活用していくことがお金のかからない最善策です。

よくあるのが、手入れにお金も手間暇も使用して、それだけで満足する形態です。

手間暇をかけた場合でもライフサイクルがおかしいと美肌は遠のく一方です。

 

顔の内側の毛穴とそれに付随する汚れは、30歳を目前にすると驚く程その数を増やします。

年齢的な問題によって、皮膚の元気が減っていくため高機能なアイテムを肌に注入しないと毛穴が大きくなってくるのです。

肌が健康であるから、すっぴんのままでもかなりきれいな20代と言えますが、若い時期に誤った手入れを長期間継続したり、正しくないケアをしたり、やらないと将来に酷いことになります。

美肌を得ると見られるのは誕生して間もなくのプリンプリンの赤ん坊同様に、ノーメイクでも、皮膚コンディションが赤ちゃんのようにばっちりな美しい素肌に変化することと思われます。

今まで以上の身肌を得たいなら、何と言っても、スキンケアにとって必要不可欠の毎晩の洗顔・クレンジングから学んでいきましょう。

日々の繰り返しで、美しいと周りに言われる美肌をあなたのものにできるでしょう。

一般的な敏感肌手入れにおいて大切なこととして、始めに「顔の保湿」を開始しましょう!

「水分補給」はスキンケア中の忘れてはいけない点ですが、よくある敏感肌対策にも欠かしてはなりません。

スキンケア研究サイト